サウナスーツ失敗談

毎日、暑いですね~。
先日は牛久かっぱ祭りが行われ、私は神輿を担ぎましたが、汗だくでダボとハッピがビショビショになりました。

「汗だく」と言えば「サウナウスーツ」を私は思い浮かべるのですが、皆さんは使用したことがありますか?

サウナスーツは風を通しにくい生地で首、手首、ウエスト、足首の部分はゴムでギュッと閉める事により、運動で上昇した自分の体温によって蒸し風呂状態にします。
そうして発汗させる訳です。

汗が大量に出るため、運動後は水分減少によって体重が減ります。
しかし、「ただ水分が減った」だけなので体脂肪減少はまた別の話です。

昔、私はボクシングをやっていた時期があり以前のブログで減量の失敗談を書きましたが、サウナスーツでも失敗してます(笑)!

当時、無知だった私は「大量に汗を出せば痩せる」という誤った考えを持っていました。

ちょうど、今くらいの暑い時期です。
気温は30度を超え、時間はお昼頃で太陽がちょうど空の真上にいて、焼ける様な日差しがある中、真っ黒なサウナースーツを全身にまとい、10kmのランニングを行いました。
開始から20分くらい経つと手首と足首あたりに汗が溜まり、チャポチャポと音がしてきます。だんだんとそれが重くなってくるので、手首と足首のゴムを引っ張り、ジャーと溜まった汗を抜くという作業を何度か行いました。
そうしていくうちに、段々と視界が狭くなり危険を感じた為、サウナスーツを脱ぎ、中に着ていた汗だくのTシャツとハーフパンツでコンビニに入り、スポーツドリンクを一気飲みしました。ギリギリセーフという感覚でしたね(汗)。

完全な熱中症です。

その後、しばらくは下痢、食欲不振、だるさが続きました。

真夏の炎天下の中、サウナスーツはやめましょう。やりませんね?普通は・・。

この暑い時期にランニングをされる方は下記のようなことを留意してください。

①時間帯は、早朝が良い。夕方だとまだコンクリートの熱がまだ高い場合もあるので注意。
②通気性があり生地が薄いスパッツや長袖などを着て、日光が直接肌になるべく当たらないようにする。
③ランニング用キャップで頭部の温度上昇を防ぐ。
④小銭を携帯し、いつでも水分を購入できるようにする。
⑤ランニング開始前に水分補給をしておく。

この時期、無理は禁物です。

2017年08月01日